診療方針

診療方針
~地域の皆様に幸せを与えるために~

安心して頼れる歯科医院があれば、むし歯や歯周病で苦しんだり歯を失ったりする方を減らせるはず。神戸市東灘区の歯科・歯医者「ママとこどものはいしゃさん」は、地域の皆様に安心と幸せを実現するために日々研鑽を続け、丁寧な歯科診療を行っています。こちらでは当院の診療方針をご紹介します。ご不明な点は、お問い合わせフォームからお気軽におたずねください。

診療方針

医院理念

日本には多種多様な歯科医院がありますが、当院では地域医療に貢献し、患者様の明るい笑顔づくりを応援する歯科医院を目指し、次のような理念を掲げています。目標を共有する組織こそが本当の価値を生み出すことができる――私たちはそう考え、行動しています。

Idea1 安心・安全、そして誠実な治療をご提供 Idea2 医療人として誇りを持ち常に最先端医療を追求 Idea3 未来を担うこどもたちの健康な笑顔を創造する Idea4 仕事を通じ人間的に成長し豊かな人生を歩んでいく

医院理念の解説
Idea 1
自分の家族にするように、衛生的な道具を用いて一番よいと思われる治療をご提案・ご提供します。
Idea 2
医院で働くものは資格の有無に関わりなく、医療人になるということです。そしてプロフェッショナルに徹するためにも、常に日進月歩の医療やサービスに対して研鑽を続けることが義務であると自覚しています。
Idea 3
先進国において歯並びが悪いのは日本人だと、世界に認識されています。これからの世界を背負って立つ日本のこどもたちに歯の健康の知識を与え、むし歯にさせることなく、歯並びをきれいにすることこそ、私たちデンタルプロスタッフの義務であります。
Idea 4
人間は仕事をすることによって成長していくものです。「ママとこどものはいしゃさんのスタッフ」には仕事をすることでさまざまな経験を積み、人間力を高め、患者さまから感謝され、幸せな人生を送ってほしいと考えています。

医院名に込めた想い~歯科医師のエピソード~

私には1歳になるこどもがおり、出産前は期待と不安でいっぱいの日々でした。実際こどもが生まれてみると、彼女の耳の上には苺状血管腫という赤アザがありました。これはどうなるのだろうか、何か命にかかわるものなのだろうか、成長にともなって大きくなったら女の子なのに目立つかもしれない――など、大きな不安を感じていたものです。

幸い、成長とともになくなっていくものだとわかり、安堵しました。しかし、「徐々になくなっていく」「1歳くらいまでにレーザーをあてたほうがいい」「1歳になってまだ残っているならレーザー治療をしたほうがよい」といったように、医師によって見解が一致しておらず、とても困惑したことをよく覚えています。産婦人科の先生、小児科の先生、3か月検診の先生、どなたも丁寧に対応していただきとても感謝しているのですが、こどもを持つ親の不安は少しも小さくなりませんでした。

親はこどもに無償の愛を持つものです。こうした経験をふまえて、私は、医療従事者はすべての親御様に対して「この先生・このスタッフならまかせられる」という安心感をご提供しなければならないと強く感じています。そのためにはしっかりとした専門性、そして丁寧な説明、誠実な姿勢、笑顔をもって接することが必要だと確信を持ちました。「ママとこどものはいしゃさん」という医院名には、そういった想いを込めています。

pagetop