• トップページ
  • 初めての方へ
  • 院長・スタッフ紹介
  • 求人情報
  • 料金表
  • 概要・アクセス

インプラント・歯科恐怖症・
予防歯科(歯周内科、唾液検査)

  • トップ
  • インプラント・歯周内科・予防歯科(むし歯予防)

健康で豊かな生活を維持するための治療法と予防法

歯は食事や会話を楽しむために欠かせないもの。だからこそ、予防を心がけて自分の歯とお口の健康を長く維持できるよう努力しなければなりません。日本人が歯を失う原因の第1位はむし歯ではなく歯周病ですので、その対策は重要です。歯を失ったときには、周りの歯に悪影響をおよぼす前に適切な治療を受け、その機能を補う必要があります。

こちらでは、神戸市東灘区の歯科・歯医者「ママとこどものはいしゃさん」のインプラント治療や歯科麻酔治療(歯科恐怖症)、予防歯科(歯周内科・唾液検査)についてご紹介します。お口の健康を守り、健康で豊かな生活を維持していきましょう。また、当院では「歯並びは気になるけど目立つ矯正や痛い矯正には抵抗がある」という方のために、治療中の見た目や装置の装着感にもこだわった成人矯正をご提供しています。お気軽にご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

インプラント治療~専門担当医による高レベルな治療を~

インプラント治療をお考えの皆様へ

はじめまして、当院でインプラント治療を担当する歯科医師の柴崎義貞です。以前に比べればインプラント治療を受けられる歯科医院は増えていますが、治療の精度や質といった部分は歯科医師の知識や技術によって変わってくるため、すべての歯医者で患者様が安心して治療を受けられるとは限りません。

私は、「近代インプラントの祖」と呼ばれるスウェーデンのブローネマルク教授や日本におけるインプラント治療の権威である小宮山彌太郎先生の考えのもと、関西でもっともインプラント症例数が豊富な岡田隆夫先生に師事してインプラント治療を学んできました。基礎から応用にいたるまで、多様な臨床経験を積んでいます。これからもすべての患者様に質の高いインプラント治療をご提供できるよう、日々技術を研鑽し、知識の習得に努めていきます。安心してご相談ください。

なぜインプラント治療なのか

インプラント治療には多くのメリットがあります。ブリッジや入れ歯といった従来の補綴治療とは異なり、周囲の健康な歯に負担を強いることがありません。ただ、外科手術をともなうという特性上、実施には慎重な判断も必要です。患者様には事前にしっかりとメリットとデメリットをご説明し、ご理解いただいたうえで治療法をご検討いただきます。

  • 自分の歯のように噛める
  • 長期的に安心して使える
  • 人の目を気にせず笑える
  • 信頼できるブランドの重要性

事前の十分な説明によって患者様のご理解とご満足が高まり、安心・安全で長期的に安定する治療がご提供できていると確信しています。

当院のインプラント治療の「4つの特徴」
インプラント専用CT画像診断システム

歯科用CTの画像を用いれば、術前に3Dシミュレーションができるようにます。これによってより緻密な診断が可能になり、「安全で正確な治療の実現」につながります。

信頼性の高い最高級インプラント製品

当院では、世界シェアNo.1を誇るブランド「ノーベルバイオケア」のインプラント製品のみを使用しています。世界レベルで信頼度が高く、どこの国でも不具合に対応可能です。

徹底した滅菌処理と院内感染対策

患者様が安心して治療を受けられるよう、治療で使用した器具の滅菌・消毒を徹底しています。厚生労働省が設けた消毒・滅菌の基準を満たした、数少ない歯科医院です。

インプラント体の10年保証制度

当院で定期的にメンテナンスを受けていただける方には、インプラント体の10年保証制度をお約束します。万が一不具合があっても、無償交換の対象となるので安心です。

歯科麻酔治療~治療が怖い「歯科恐怖症」の方へ~

歯科治療に対する抵抗や恐怖心が強くて歯科医院に行けない――。歯を治療すると考えただけで体調が悪くなる――。こうした症状のある方は、「歯科恐怖症」の可能性があります。歯科恐怖症になると極度の恐怖と不安から気分が悪くなり、症状がひどくなると動悸やめまい、震え、大量の発汗、過呼吸などを起こしてしまう可能性があります。

「治療が必要なのは分かっているのに歯医者に通えない」という患者様のために、神戸市東灘区の歯医者「ママとこどものはいしゃさん」では歯科麻酔治療に力を入れています。「歯の治療は痛いもの」というイメージがあるかもしれませんが、麻酔によってその痛みを最小限に和らげることが可能です。

歯科恐怖症の方のお悩みを少しでも解決したい

当院の院長を務める柴崎世理奈です。私はかつて大学の障害者歯科で、麻酔を用いた歯科治療のサポートを行っておりました。そこで、歯の痛みよりも治療に対する不安や恐怖心が勝ってしまい、治療を受けられないという「歯科恐怖症」の患者様がとても多くいらっしゃるという現実に直面しました。治療の必要性を理解しているのに、肝心の治療が受けられない――これほどつらいことはありません。

当院では少しでも多くの歯科恐怖症の方に不安なく治療を受けていただけるように、さまざまな歯科麻酔を用いて痛みなどの負担を抑えた処置を行っています。現在は東灘区で数少ない日本歯科麻酔学会認定医であることを活かし、麻酔担当医として数ヶ所の歯科医院に携わってもいます。歯科恐怖症だからといって、お口のトラブルは待ってくれません。当院の歯科麻酔治療で、皆様のお悩みを解決できればと思います。

お選びいただける3つの鎮静法

歯科治療への抵抗感や恐怖心と戦わずに済む方法があります

当院では歯科恐怖症の方にも不安なく治療を受けていただけるように、歯科麻酔を用いた3種類の鎮静法をご用意しております。患者様のお口の症状、歯科恐怖症の程度などをふまえ、ご希望に合わせてお選びいただけます。不安や緊張は痛みに敏感な状態につながるもの。当院でははじめに丁寧なカウンセリングを行い、信頼関係の確立を図ってから治療を行っています。

お選びいただける3つの鎮静法はすべて、「心身をリラックスした状態」へと導くものです。全身麻酔のように完全に意識を消失させて治療を行うわけではないので、「歯科医師の口頭での指示に反応できる(会話もできる)」「厳密な食事制限や術中準備を必要としない」「負担が少ないので日帰りで治療ができる」といった特徴があります。

当院の院長・柴崎世理奈は東灘区で数少ない日本歯科麻酔学会の認定医です歯科麻酔治療は、麻酔の専門家にお任せください

選べる鎮静法1:意識化静脈内鎮静法(conscious sedation)

静脈内鎮静法は、麻酔薬を点滴で静脈に注入し、徐々に効かせていく方法です。薬剤は1種類のみを使用し、意識下で恐怖感や不安など、精神的な負担のみを取り除きます。小さな処置でも楽に終わらせたいという方におすすめです。機械でコントロールされた、安定した麻酔法と言えます。

選べる鎮静法2:深意識化静脈内鎮静法(deep sedation)

静脈内鎮静法を用いて、意識下よりもさらに深い鎮静状態へと導いてから治療を行う方法です。恐怖感や不安といった精神的負担を取るだけでなく、「つらい」「きつい」といった身体的負担からも解放されます。一度に複数の外科的処置を済ませたいなど、長時間の治療を希望される方におすすめです。こちらも機械コントロールされた安定した麻酔法で、薬剤は2種類以上を併用します。

選べる鎮静法3:笑気吸入鎮静法

鎮静作用を持ち、無色でわずかに甘い香りがする吸入麻酔薬(笑気ガス)を使用して鎮静化を図る方法です。恐怖感や不安などの精神的な緊張を和らげます。低濃度の笑気と高濃度の酸素を用いる「浅い鎮静法」なので、お子様の歯科治療にもおすすめですが、効果が呼吸によって左右されるため、多少効きが不確かな麻酔法と言えるでしょう。

当院の「無痛」への取り組み
表面麻酔の使用

麻酔注射が刺さる瞬間の痛みを和らげるため、まずゲル状の表面麻酔薬を患部に塗ります。

麻酔液の温度調整

麻酔液と体温の温度差は痛みにつながるので、体温に近い状態まで温めてから注射します。

極細針の採用(33G)

刺激を和らげるため、現在用いられている注射針の中でもっとも細い33Gの針を採用しています。

注入スピードをコントロール

麻酔注入時の圧力も痛みの原因なので、機械制御で注入速度をコントロールする電動麻酔器を採用しています。痛みを感じにくい粘膜を選んで注射します。

予防歯科~むし歯と歯周病の再発リスクをゼロに~

歯周内科治療~投薬によって歯周病を根本から改善~

風邪はウィルスによる感染症ですが、実は歯周病も細菌による感染症です。歯周病も同じ感染症なら、風邪と同じように薬を飲むことで治せないだろうか? そのようなアイデアから研究が進み、近年、原因菌の特定と薬による殺菌治療が可能となりました。この治療法は「歯周内科治療」と呼ばれています。

歯周病とは
  • 歯をなくす原因のNo.1、実は…歯周病なのです 日本人の約50%はこの病気で歯を失います
  • その割にはどのようなものなのか知られていません

一般的な歯周病治療は、ブラッシング指導やバイオフィルムの除去といったクリーニングが中心です。しかし、歯周病は細菌による感染症。口腔内環境の乱れで細菌が増えると、症状が進行して歯を失ってしまう可能性もあります。その一方で、歯周病の原因菌を特定して殺菌できれば、歯周病の根本的な解決が可能になります。

細菌の動きを捉える位相差顕微鏡

歯周内科治療では位相差顕微鏡でプラーク(歯垢)を観察し、その患者様のお口に潜む細菌やカビの種類を特定。その結果から歯周内科治療の必要性を判断し、使用する薬剤を選びます。

歯周内科治療の進め方
  • 位相差顕微鏡による菌の確認
  • 最近の除菌剤の内服
  • カビの除菌剤あるいはカビ取り歯磨き剤での歯磨き
  • 除菌後の歯石取り

歯周内科治療の効果を確実なものとするには、菌の種類を特定することが非常に重要です。当院では健康食品扱いとなる、天然抗菌成分のみの歯みがき剤をお使いいただきます。これは安全性が高い反面、抗真菌剤に比べると効果は70%程度。並行して歯石やプラークを取りのぞき、ご家庭のプラークコントロールも徹底していただきます。

再発を防ぐために
再感染に気をつけよう
歯周病は『細菌による感染』なので、『再感染』に気をつけよう。 特に性感染も気をつけよう。
毎日の適切な歯磨きをしましょう
歯周病を起こす細菌が感染しにくいように、お口の中を清潔に保つように心がけましょう。つまり『歯石やカビ菌を定期的に除去』して、そして、毎日の適切な歯みがきをしましょう。
定期検診を受けましょう
歯周病を起こす細菌が『再感染していないか』、またお口の中が『再感染しやすい環境になっていないか』を、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診を受けるようにしましょう。

箸の使いまわしやキスなどのスキンシップ、くしゃみなどの空気中や食べ物、手などを介して細菌に感染し、歯周病となる可能性があります。そうなった場合はプラークや歯石の除去、除菌などによって改善していきましょう。

唾液検査~予防のツボはむし歯リスクの正しいチェック~

「歯みがきをしっかりしているのにむし歯になってしまう」という方はいませんか?むし歯は「お口の中の虫歯菌の数」「歯を守る力(唾液の力や歯質の強さ)」「食生活や生活習慣」などが原因で発症することがわかっていますが、これらはそれぞれに個人差があるため、むし歯リスクも予防法も人によって変わってきます。同じようにブラッシングをしているのに、むし歯になりやすい人となりにくい人がいるのはそのためです。

むし歯リスク検査

神戸市東灘区の歯医者「ママとこどものはいしゃさん」では、一人ひとりで異なるむし歯リスクを正しくチェックするために唾液検査をおすすめしています。むし歯予防においては、歯の再石灰化を促す唾液の質が重要です。唾液の質が悪いとむし歯になりやすく、逆に良ければブラッシングが多少上手にできていなくてもむし歯を防ぎやすくなります。簡単な検査でご自身のむし歯リスクを把握できますので、予防に取り組む第一歩として受けてみてはいかがでしょうか?

 

当院は、WHO(世界保健機関)でも採用された歯科検査を受けていただける、数少ない歯科医院です。最近ではよくテレビ番組でも取り上げられるなど、唾液検査に対する関心が高まってきています。効果的な予防には、むし歯リスクの正しいチェックが欠かせません。ご自身のむし歯にどのような原因が潜んでいるのかを把握し、むし歯のリスクをゼロに近づけましょう。

pagetop