• トップページ
  • 初めての方へ
  • 院長・スタッフ紹介
  • 求人情報
  • 料金表
  • 概要・アクセス

こどものメニュー
ネオキャップビムラー矯正・
フッ素塗布・
はじめての歯医者レッスン

小児歯科~大切なお子様に、未来につながる宝物を~

残念ながら歯医者さんが苦手だというお子様は多いですが、その一方で早い段階で定期的に歯科医院に通う習慣を身につけたお子様は、将来にわたって健やかな口腔内環境を維持しやすいということをご存じでしょうか? むし歯のない正常な咬み合わせは栄養の吸収を高め、身体のバランスを整えて健やかな発達を促してくれます。

神戸市東灘区の歯科・歯医者「ママとこどものはいしゃさん」は、小児歯科における矯正歯科治療や予防処置を通して、お子様の健やかな発達を応援したいと考えています。お子様の自主性を尊重し、無理のない進め方をしていきますので、安心してご来院ください。

お子様の笑顔を守るためにできること

むし歯になったお子様が泣きながら歯医者にやって来るという場面を、これまでに何度も見てきました。こどもにとって歯が痛い状態はつらいでしょうが、泣きじゃくるお子様を見る親御様もつらいはずです。そしてそういった姿を見るのは、こども好きな私たちスタッフにとってもうれしくありません。当院ではそうした歯の痛みで苦しむお子様を一人でも減らし、一人でも多くの笑顔が見られるように小児歯科診療を行っています。

その意味で、私が力を入れているのがこどもの矯正(小児矯正)です。いろいろ勉強していくうちに、日本ではあまり知られていない、こどもに負担が少ない最先端の矯正に出会うことができました。それが、「ネオキャップ・ビムラー矯正」です。私は3年かけてこの治療を学びました。この治療によって歯並びにコンプレックスを持つお子様を一人でも減らし、とびきりの笑顔を見ることができたら、これほどうれしいことはありません。

こんなお悩みありませんか?

ネオキャップ・ビムラー矯正

ビムラー(Bimler)矯正とは

当院では「ネオキャップ・ビムラー矯正」という小児矯正を採用しています。取り出しの可能な特殊な装置を用いる、「機能矯正」と呼ばれる方法です。お子様の成長に合わせ、就寝時と昼間の2~3時間使用するだけで上下の歯を一緒に治療でき、お顔の自然な骨格形成を促します。

この方法は小・中学校の矯正期間において、一般的な矯正装置であるブラケットワイヤーを歯に直接装着しないことを目標としています。日本の歯科大学や歯学部ではこの方法の指導が行われていませんが、ドイツなどのヨーロッパ諸国では一般的な方法です。取り外し式なので人に知られることなく、日常生活にも不便がない状態で歯並びを治療できます。

ビムラー矯正の特徴

小児矯正では、取り外し式の「床矯正(しょうきょうせい)」と呼ばれる治療法が一般的です。もちろんこれも優れた方法ですが、少し難しい症例になるとお口の筋力訓練を並行しなければなりません。お子様自身が治療に積極的でない場合、これを続けていくのは大変なことです。

ビムラー矯正は床矯正と仕組みが異なり、装置を入れるだけで勝手に咬む力が鍛えられ、歯並びが整っていきます。以前は「治療期間が大変長い」という欠点がありましたが、現在では装置の改善にともない、決められた時間だけ装着すれば一般的なブラケット矯正とほとんど変わりない期間で矯正が可能となりました。きっちりと整った歯並びというよりも、自然な歯並びと美しい顔立ちをつくることに向いている方法です。

当院では歯並びの状態やお子様の年齢によって、最適と思われる矯正治療の方法をご提案しています。場合によっては床矯正やブラケット矯正をおすすめすることもありますので、まずはお気軽にご相談ください。

歯科の中でも特に専門性が高い治療だから…小児矯正の無料相談に随時対応しています

機能矯正のメリット・デメリット
メリット
  • 1日数時間装着するだけ
  • 歯と顎を一緒に治せる
  • 小さなお子様でも痛くない
  • 上顎と下顎のバランスが整う
  • 抜歯を前提としない
  • 指しゃぶりなどのクセが治る
  • むし歯になりにくくなる
  • 装置を使わなくても今より悪くならない
  • 後戻りが少ない
  • ブラケット矯正よりも安価
デメリット
  • 口にいれておかないと治らない
ビムラー矯正権威からの直接指導

Dr.ビムラー・永井先生と

日本のビムラー矯正の第一人者でおられる、長野県の光希歯科医院の院長永井先生と、ビムラー矯正装置の創設者である、故ビムラー博士のご息女、世界的権威のバーバラ・ビムラー博士より直接ご指導をいただいております。

ビムラー装置

取り外し式の矯正装置の中でも違和感は少ないと言われています。お子さまのご希望に応じ、色、柄を変えております。

ネオキャップ

ネオキャップは、プラスチック製の矯正装置で、乳臼歯に装着します。ネオキャップを装着することで噛み合わせを変え、ビムラー装置の働きをより効果的なものにします。
当院における小児矯正の最大の特徴です。

永井光希子先生 著作のご紹介

光希歯科医院の院長を務める永井光希子先生が執筆された本をご紹介します。

  • 「歯並びは夜治そう!」 : 体にやさしい矯正。機能矯正の本です。
  • 「歯並びは楽に治そう!」
  • 「The Easy Way To Straight Teeth」 : 「歯並びは楽に治そう!」の英語版です。
  • 「ぴかちゃんときらちゃんのえがお」

フッ素塗布~正しい処置で正しい虫歯予防を~

乳歯や生えたての永久歯といった「こどもの歯」は、大人の歯と比べてエナメル質が薄く柔らかいため、むし歯になりやすいという特徴があります。こうしたこどもの歯をむし歯から守るために有効なのがフッ素塗布です。歯質を強くしてくれるフッ素を、当院の小児歯科では無料で塗布しています。

むし歯を予防するフッ素の働き
耐酸性の向上

歯の表面にあるエナメル質から「フルオロアパタイト」という成分をつくり、この成分がエナメル質をより丈夫で溶けにくくするのでむし歯に強くなります。

再石灰化の促進

フッ素が唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンといったミネラル分と一緒に歯の表面に付着するため、失われたミネラル分を再び取り戻す作用(再石灰化)がうながされます。

抗菌作用の向上

フッ素がむし歯菌の働きを抑え、歯を溶かしてしまう酸をつくらないようにしてくれます。また、むし歯菌が栄養源とする糖の取り込みを妨げる働きもあります。

結晶性の向上

エナメル質の結晶構造が不完全な部分があったとしても、そこをフッ素が代わりに修復してくれるので、歯質が硬くなってむし歯になりにくくしてくれます。

当院のフッ素塗布
高濃度のフッ素(フッ化物)を使用

フッ素入り歯磨き粉を使用すればご家庭でもフッ素塗布はできますが、濃度が低いために予防効果も低くなります。当院では高濃度のフッ素(フッ化物)を直接歯のエナメル質に塗布し、歯質を強化してむし歯の予防につなげています。また当院では、高い効果が期待できるフッ化物洗口剤をはじめとした予防グッズも豊富に取りそろえています。正しい方法を取り入れればむし歯を予防しやすくなりますので、お気軽にご相談ください。

トレー法によるムラのない塗布

当院ではマウストレーにフッ素フォームを充填して歯に一定時間装着する「トレー法」を採用しています。トレー法ならまんべんなくフッ素が塗布でき、高い予防効果が期待できます。

紙しばいで学ぶ、
歯医者ってどんなところ?

歯医者が何をする場所なのか、またどんな器具を使っているのか、お子様にはよくわかりません。しかし、この「よくわからない」が不安や恐怖の原因になってしまうことがあります。まずはこちらで歯医者がどんなところなのか、お子様と一緒にこちらの「紙しばい」をくわしく見ていきましょう。

  • 紙しばいで学ぶ!1~15でわかる!はじめての歯医者レッスン
  • ここが「ママとこどものはいしゃさん」です
  • おなまえがよばれるまでここでまちます
  • 今からみんなの歯をみるせんせいです
  • うけつけのお姉さんです
  • みんなであそべるキッズルーム おかたづけもしてね
  • 歯ブラシをえらびましょう
  • お母さんといっしょに歯みがきをしましょう
  • つづいてせんせいもみがきます
  • せんせいがかがみでおくちをチェックします
  • はいしゃさんでつかう歯ブラシです
  • はいしゃさんの歯ブラシで歯をきれいにしていきます
  • ぶどうやバナナなどの味がえらべます
  • どれにしようかな~♪
  • 終わったらせんせいとあくしゅ!よくできました!

画像をクリックすると次へ進みます。

画像をタップすると次へ進みます。

pagetop