小児矯正
(ネオキャップ・ビムラー矯正)

小児矯正~こどもに負担が少ない最先端の矯正装置~

神戸市東灘区の歯科・歯医者「ママとこどものはいしゃさん」が力を入れている小児矯正(ネオキャップ・ビムラー矯正)についてご紹介いたします。

日本ではあまり知られていない、こどもに負担が少ない最先端の矯正装置「ネオキャップ・ビムラー矯正」。私は3年かけてこの治療を学びました。この治療によって歯並びにコンプレックスを持つお子様を一人でも減らし、とびきりの笑顔を見ることができたら、これほどうれしいことはありません。

ネオキャップ・ビムラー矯正

ビムラー(Bimler)矯正とは

当院では「ネオキャップ・ビムラー矯正」という小児矯正を採用しています。取り出しの可能な特殊な装置を用いる、「機能矯正」と呼ばれる方法です。お子様の成長に合わせ、就寝時と昼間の2~3時間使用するだけで上下の歯を一緒に治療でき、お顔の自然な骨格形成を促します。

この方法は小・中学校の矯正期間において、一般的な矯正装置であるブラケットワイヤーを歯に直接装着しないことを目標としています。日本の歯科大学や歯学部ではこの方法の指導が行われていませんが、ドイツなどのヨーロッパ諸国では一般的な方法です。取り外し式なので人に知られることなく、日常生活にも不便がない状態で歯並びを治療できます。

ビムラー矯正の特徴

小児矯正では、取り外し式の「床矯正(しょうきょうせい)」と呼ばれる治療法が一般的です。もちろんこれも優れた方法ですが、少し難しい症例になるとお口の筋力訓練を並行しなければなりません。お子様自身が治療に積極的でない場合、これを続けていくのは大変なことです。

ビムラー矯正は床矯正と仕組みが異なり、装置を入れるだけで勝手に咬む力が鍛えられ、歯並びが整っていきます。以前は「治療期間が大変長い」という欠点がありましたが、現在では装置の改善にともない、決められた時間だけ装着すれば一般的なブラケット矯正とほとんど変わりない期間で矯正が可能となりました。きっちりと整った歯並びというよりも、自然な歯並びと美しい顔立ちをつくることに向いている方法です。

当院では歯並びの状態やお子様の年齢によって、最適と思われる矯正治療の方法をご提案しています。場合によっては床矯正やブラケット矯正をおすすめすることもありますので、まずはお気軽にご相談ください。

歯科の中でも特に専門性が高い治療だから…小児矯正の無料相談に随時対応しています

機能矯正のメリット・デメリット
メリット
  • 1日数時間装着するだけ
  • 歯と顎を一緒に治せる
  • 小さなお子様でも痛くない
  • 上顎と下顎のバランスが整う
  • 抜歯を前提としない
  • 指しゃぶりなどのクセが治る
  • むし歯になりにくくなる
  • 装置を使わなくても今より悪くならない
  • 後戻りが少ない
  • ブラケット矯正よりも安価
デメリット
  • 口にいれておかないと治らない
ビムラー矯正権威からの直接指導

Dr.ビムラー・永井先生と

日本のビムラー矯正の第一人者でおられる、長野県の光希歯科医院の歯科医師永井先生と、ビムラー矯正装置の創設者である、故ビムラー博士のご息女、世界的権威のバーバラ・ビムラー博士より直接ご指導をいただいております。

ビムラー装置

取り外し式の矯正装置の中でも違和感は少ないと言われています。お子さまのご希望に応じ、色、柄を変えております。

ネオキャップ

ネオキャップ

ネオキャップは、プラスチック製の矯正装置で、乳臼歯に装着します。ネオキャップを装着することで噛み合わせを変え、ビムラー装置の働きをより効果的なものにします。
当院における小児矯正の最大の特徴です。

永井光希子先生 著作のご紹介

光希歯科医院の歯科医師を務める永井光希子先生が執筆された本をご紹介します。

  • 「歯並びは夜治そう!」 : 体にやさしい矯正。機能矯正の本です。
  • 「歯並びは楽に治そう!」
  • 「The Easy Way To Straight Teeth」 : 「歯並びは楽に治そう!」の英語版です。
  • 「ぴかちゃんときらちゃんのえがお」

お子様の歯並びで、気になることなどございましたらお気軽にご相談ください。

pagetop